読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 八王子店 シマブロ

島村楽器 八王子店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ハリーズエンジニアリング(dragonfly) 工房訪問

f:id:shima_c_hachioji:20160521101121j:plain
こんにちは、店長花井です。先日、恵比寿に拠点を構えるハリーズエンジニアリングさんにお邪魔してきましたので、その時の様子をお伝えします。dragonflyのギター&ベース、weedのエフェクターなどを手がけるハリーズエンジニアリング。JR恵比寿駅からほど近い場所に工房を構え、他メーカーとは違う視点から独創的な発想で製品を開発・製造している少数精鋭の職人集団です。この度「Sottile(ソッティーレ) Custom 666」というNewモデルが発表されましたが、八王子店では初回生産10本のうち2本を確保しました。そちらも後ほどご紹介しますので、お楽しみに!
f:id:shima_c_hachioji:20160521101122j:plain


スタッフのフィゲラスさん(左)と社長の戸谷さん(右)

f:id:shima_c_hachioji:20160521101123j:plain
一見、コワ・・・いや、なんでもないです。とても気さくで楽しいお二人に工房内を案内して頂きました。


MAROONの試作機

f:id:shima_c_hachioji:20160521101124j:plain
dragonflyを代表するモデルのひとつ「MAROON」の試作機(戸谷さん作)。現在リリースされているものと比較すると所々仕様が違っていますね。それにしてもトップ材がエグイです。


工具たち

f:id:shima_c_hachioji:20160521101125j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101127j:plain
作業スペースには様々な工具が並んでいます。ドリルに巻かれたマスキングテープにも意味があるんですけど、皆さんお分かりになりますか?


Roland JC-20

f:id:shima_c_hachioji:20160521101128j:plain
Rolandの名機「JC-20」を発見!工房でのチェック用に2台所有しているとの事。これはレアです。正直、欲しい・・・。


大凶作キーホルダー

f:id:shima_c_hachioji:20160521101129j:plain
メランコリックポピュラーソングバンド大凶作のキーホルダー。なぜコレがここにあるのか・・。dragonflyと大凶作の関係に関してご存知ない方はこちらをチェック → 大和 × ガスマス子 愛器を語る(仮称)


テンプレートの数々

f:id:shima_c_hachioji:20160521101131j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101132j:plain
ギターやベースの型(テンプレート)が並んでいます。これを使って、木材のどの部分を使用して製作していくかを決めていきます。


銘木がズラリ

f:id:shima_c_hachioji:20160521101133j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101134j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101135j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101137j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101138j:plain
dragonflyといえば「チェスナット」や「ジリコテ」といった、あまり耳慣れない木材も積極的に採用し個性的な製品を世に送り出しています。伺ったところ、それらの木材に関しては社長の戸谷さんが自ら足を運び独自のルートで調達しているとの事。そういった所からも、楽器作りに対する情熱が感じられますね。


無造作に置かれた端材(はざい)

f:id:shima_c_hachioji:20160521101139j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101141j:plain
ギターやベースを製作する過程で余った端材が山のように積まれていました。このまま捨ててしまうには勿体無いので、うまく活用するアイデアがあったら是非ともハリーズさんに教えてあげて下さい。


Sottileプロトモデル(648mm)

f:id:shima_c_hachioji:20160521101142j:plain
冒頭でも少しお伝えした「Sottile(ソッティーレ) Custom 666」のプロトモデル。こちらのスケールは666mmではなく648mm。シンプルで男気溢れる雰囲気。これもアリですね。


2点でマウント

f:id:shima_c_hachioji:20160521101143j:plain
dragonflyのPUダイレクトマウントモデルは、ご覧の通り(見づらくてすみません)2点のネジでPUがボディに固定されています。タイトでダイレクトなサウンドに効果を発揮!


ブラス製オリジナルパーツ

f:id:shima_c_hachioji:20160521101145j:plain
は裏通し。このモデルの為に開発されたオリジナルのプレートが埋め込まれています。サウンド面での効果を期待してブラス製になっています。


八王子店入荷モデル その1

f:id:shima_c_hachioji:20160521101146j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101147j:plain
Top:ジリコテ / Back:マホガニー / 指板:パーフェロー。価格等の詳細は・・・こちらから


八王子店入荷モデル その2

f:id:shima_c_hachioji:20160521101148j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101149j:plain
Top:ブビンガ / Back:アッシュ / 指板:メイプル。価格等の詳細は・・・こちらから


ネック

f:id:shima_c_hachioji:20160521101150j:plain
f:id:shima_c_hachioji:20160521101151j:plain
ステンレスフレットが打ち込まれていました。組みあがりが楽しみですね。


まもなく入荷!(2015年5月末発売予定)

f:id:shima_c_hachioji:20160521101153j:plain
いずれのモデルも5月25日~27日くらいには入荷予定となっています。構想2年、満を持してのリリースとなった「Sottile(ソッティーレ) Custom 666」。是非とも店頭にてお試し下さい!


G.O.D.111

f:id:shima_c_hachioji:20160521193954j:plain
新たなヒーローを求める時代の声に応じて集まったGodspeed氏率いる12人のギタリスト集団”GUITARISTS ON DEMAND”。先日発売された「G.O.D.111」のアルバムジャケットでもSottileの勇士は確認頂けます。残念ながら当店でCDはお買い求め頂けませんが、店内のとあるコーナーでこのアルバムを流していますので、ご来店の際は是非ともチェックしてみて下さいね。




f:id:shima_c_hachioji:20160521101154j:plain
以上、駆け足ではありましたが工房の様子、そしてNewモデル「Sottile(ソッティーレ) Custom 666」の事が少しでもお分かり頂けたでしょうか? 個性溢れる魅力的なモデルを次々とリリースしているハリーズエンジニアリングの今後が益々楽しみですね!ハリーズの詳細に関してはオフィシャルサイトをご覧下さい。



オフィシャルサイト ・・・ HARRY'S ENGINEERING

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.